買物カゴの中を見る 会員登録・ログイン・ログアウト ご利用案内 当店へメール サイトマップ

ホシナマイ・ギャッベ


本当に信じられるものを100%の自信をもって直接







ホシナマイ・ギャッベ

それは最高級ギャッベの証です

king of gabbeh の象徴としてのライオン。イランと日本をあらわす2匹がギャッベを通じて繋がる様子を表現しています。






1999年の創業から当店に入ってきた商品の全てを撮影して商品説明を書いてきました。その数、延べ一万枚以上。写真を撮ったら、じっくり見て、それから触ってみて、その上に座って時々は遠いイランに思いを馳せたりしながら、その商品の特徴をノートにメモするのが私のルーティンです。

取り扱い数量がうちより多いところは他にあるかもしれません。でも、一枚一枚をこれだけ深く観察している経験を持つ人は他に無いと自負しています。

クリーニングやメンテナンスで届く品、それもすべて自分で確認しています。使用年数や使用方法による変化の具合や違いを体感することは新たな気づきの連続で私の知識を日々豊かにしてくれます。

この経験深度こそがホシナマイ品質の礎となっています。
私どもがお伝えするのは、販売研修の短期詰込みの知識でも、聞いただけの情報でもありません。
経験を重ねてきた本物のプロフェッショナルとしてお客様に安心をお届けいたします。






1 イランの伝統的な草木染めで作られています

昔からそうであったようにイランの草や木から採った天然の染料を使って手作業で染め上げていきます。灰や塩などを使用することで色合いに豊かさが生まれます。何度も色入れを繰り返すことでしっとりと美しい色に染めあがります。

ホシナマイ・ギャッベに使われる草木染の材料ザクロの皮

ホシナマイ・ギャッベ草木染の赤色の染色





2 抜け毛が少なく快適な使い心地への工夫

ギャッベの特性である遊び毛・抜け毛は、とりわけ日本の住環境で使用する際には大きなストレスとなります。この部分を克服し、快適な使い心地とする工夫が、ホシナマイ・ブランドが最もこだわったポイントです。

ホシナマイ・ギャッベを織る





3 上質な子羊のウールを使用、夏も冬も気持ち良い感触

イランの大自然の中で放牧されている羊たちの毛は、保温放湿性にすぐれており、コシがあって丈夫です。その中でも子羊のウールを使用しているので柔らかな手触りです。

ホシナマイ・ギャッベの原料はイランの羊毛

運ばれるホシナマイ・ギャッベのウール





ここが違う!ホシナマイブランド安心できる3つの強み

1、安さへの安心

「ホシナマイは、MAKERメーカーからUSERユーザーへ直接お届けです」

一つの業者が間に入るとギャッベの価格は倍になります。直輸入のお店でも卸売を行なうところは小売の店頭価格を考慮した価格設定に合わせます。代理店が表向きのマージンにプラス、こっそり仕入れ値に上乗せをしてメーカーに価格を提示させるという実態も。価格は品質に必ずしも比例するものではありません。消費者はギャッベ自体に支払う額よりも多くの額を流通マージンに払っているのが実情です。




2、品質への安心

「ホシナマイは、自分で見て確認!自分自身が納得した商品です」

「オーナーが、イランに自ら赴いて選定している」という謳い文句。代理店があれば、実際は、宿も移動も全ておまかせの修学旅行のようなパック旅行です。ゆえに、商品は限られた場所の中から選ぶだけで、価格も、そして肝心な品質も先方の話を信じるしかないでしょう。

過去の話になりますが、十年以上も直接取引のあった会社が、当店が安く販売していることに不満を持った代理店に対し、当店を知らないと説明した為、それを信じた代理店に訴えられるということがありました。後々、「知らない」は、「イラン国内向けの販売だった」に説明が変遷していきましたが、最後まで正直な話はありませんでした。

当ブランドは、自らの今までの知識と経験をのみを信じ、ウソの無い本物だけを取り扱う目的で立ち上げました。品質への100%の安心をお約束いたします。


3、サービスへの安心

「ホシナマイは、当店が責任を持った商品です」

ギャッベに限らず何かを購入すときは誰でも買って良かったと思えるものを選びたいと思うでしょう。ホシナマイは、本当に良いものだけを取り扱いたいという願いから生まれた当店独自のブランドです。

正確な商品説明でインターネットでも安心して選べますが、分からない点などあればお気軽にお問い合わせください。どんな人がやっているのか話してみたかったなんて電話もOKです。購入後の疑問やメンテナンスのご相談も責任もって期限無く対応いたしますので、ご安心ください。


イランにて、高級ギャッベ(ギャベ)ホシナマイ

イランにて、ホシナマイ・ギャッベの工程風景


ページトップへ